Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

10月の Cafe-Intellektuellen Kyoto

爽秋の頃となりました。
10月、国立大学の後期/秋学期も始まりますね。
今期、店主は週2回の出講ですが、秋の出張も入る予定で、喫茶日がやや少なくなるかと思います。あいかわらずの気まぐれCafeにて恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。


そして!


10月といえば、Oktoberfest!


Cafe-Intellektuellen ではドイツの白ビールも各種ご用意して☆皆さまのご利用をお待ち申し上げております。


貸切でのご利用も承っております↓
http://d.hatena.ne.jp/cafe485/20130301/p3
どうぞお気軽にお問い合わせください↓
cafe485@gmail.com]まで。


今月は定例のカフェゼミはお休みになります。(先月初、10月と公示いたしました茶の湯ゼミは都合により来月となりました。ご注意下さい。)

11月16日(日)14時〜
川上千枝先生の茶の湯のカフェゼミ
≪水の恵みと日本文化≫

参加費3000円茶菓・茶室体験込



茶道経験流儀一切不問。
服装自由。
どうぞ手ぶらでお越し下さい。


11月は茶人のお正月。
炉開きとなります。
どうぞお楽しみに。


☆お菓子などご用意の都合がございますので、事前のご予約をお願い申し上げます。


※画像は過去のゼミのものです。11月のお菓子・亥の子餅と、開炉。


他のゼミにつきましては直接カフェまでお問い合わせください。
〇藤本孝一先生の文化財ゼミ
佐藤卓己の論壇時評ゼミ
〇店主の気まぐれゼミ


喫茶では、Cafe-Intellektuellen ならではの珈琲(漱石先生、鴎外先生ブレンド)はじめ店主セレクトの紅茶、ドイツのハーブティー、手作りのクーヘンでお客様のお越しをお待ちしております。
週末喫茶の営業は金土日15〜19時ですが、貸切や不定休が折々に入りますので、まことに恐れいりますが、出来ればご確認のうえお運び下さいませ。
http://d.hatena.ne.jp/cafe485/20130101/p5
ご予約、お問い合わせは、cafe485@gmail.com]まで。



ある時は美酒に酔い、またある時は茶の湯の静寂にひたる…!
今月も、Cafe-Intellektuellen をどうぞよろしくお願い申し上げます!


CAFE TEORIA のおすすめ