Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

クリスマスおめでとうございます☆

平和が来ますように☆

クリスマスおめでとうございます!
Frohe Weihnachten!
Merry Christmas!
聖誕節快楽!
皆さま
どうぞ
心温かなクリスマスをお過ごし下さい!

今年も一年
無事にすごせましたこと、
手織をたくさん楽しめましたこと、

平和のうちに
穏やかな
クリスマスが迎えられますことに、
心より感謝します。


今年も聖ヒルデガルトのシュトレンを焼きました。

Dinkelスペルト小麦をベースに、Zimtシナモン(肉桂)、Muskatnussナツメグ(肉荳蔲)、Quendelクェンデル(除虫菊の仲間)、Galgantガランガル(高良姜)、Bertramベルトラム(岩駒菊)と、聖ヒルデガルト修道院のスパイスが入っています。白砂糖、精白小麦粉は不使用。甘味は、お酒に溶け出した有機フルーツの甘味とラカントです。
健康を祈って☆

今年もあとわずか。
年内は、
月・火・水・木曜日の営業で、
年始からは
金・土・日・月曜日の営業となります!
先着一組様貸切ですので、空きの有無は⇩カレンダーでご確認下さい。
カレンダー | カフェ テオリア
お手許のデバイスで読み込めない場合はどうぞ直接お問い合わせ下さい。
お問い合わせ | 手織カフェ Cafe Teoria
HPから、または、メールで⇩
cafe485@gmail.com
どうぞよろしくお願い申し上げます。

20221207-1213 さをり織作品展@JR京都伊勢丹

街はクリスマス一色。
京都駅ビルに入ったら、
突然大勢のサンタさん達がやって来て引き驚きましたが、

京都駅ビル各所にサンタが現れる企画は、25日迄の土日13:00~18:00開催とのこと。

目的地はJR京都伊勢丹10階の、ここ↓

又また沢山のさをり作品を拝見。

巻きものから着るもの、

身につけるもの。

一つひとつがとてもユニーク。

いずれもさをり作家さんの一点物の手織作品です。

サンタさんに出会った日、

今度は自分がサンタになって、

誰かを温めてさしあげるものを
選んだり、
作ったりするのも楽しいですよね。

私も可愛い糸たちの中から、

お気に入りをひとつゲット。

この糸で何を作りましょう・・・?


京都の隠れ家カフェでの手織体験はこちら↓へどうぞ。
トップ | カフェ テオリア
お問い合わせ | 手織カフェ Cafe Teoria
ご予約お待ちしております☆

冬も手織であたたかく

冬至まで
ぐんぐん日が短くなって行きます。

北風の中、
ウールより、
カシミアより、
ヒートテックよりも、
あたたかいのは、


心のこもった手織です。



というわけで、
行って参りました。
まずは、

「色いろ勉強会」さん主催の
「手織展~それぞれの想い vol.22 四季の風」@みやこめっせ
です。






大物から小物まで。
身につけるものも色々。




すてきな作品を沢山拝見出来ました。
ありがとうございました✨


さて、
翌日は、久しぶりの大阪。
毎年恒例「さをりひろばのクリスマスマルシェ」@梅田スカイビル
です。

カラフルな「太陽の塔」。

万博公園にあるオリジナルの作者・岡本太郎(1911~1996年)は、
「芸術は爆発だ」
の名言でも有名ですが、
太郎を支え続けた敏子さん(1926~2005年)は、さをり服をよく身につけて下さっていたとのことです。

このフロアの空間に、「さをりひろば」の元気な作品はぴったり!





クリスマスらしい品々が沢山!



好みの色で、とっても使いやすそうなバッグに、目がくぎづけになり、

お持ち帰り決定(^^*



沢山のさをり作品、
沢山の個性、
沢山の「感力」※と出逢えた週末でした!
ありがとうございました✨

※【感力かんりょく】
「人間が生まれながらに持っている感性を自由に表現できる力」のこと。「知力、体力があって感力が辞書にない。これいったい何事か!」と、気づいた城みさをさん(1913~2018年、さをりの創始者)の造語。年齢とともに、知力体力は衰えても感力は衰えない。


あなたもさをり織を体験なさいませんか?

さをりは、
老若男女
器用不器用
経験の有無を問わず、
どなたにもお楽しみいただける現代アートです。
トップ | カフェ テオリア
ご予約⇧お待ちしております✨

おしらせ

早や、今年も待降節Adventに入りました

これから日々お寒さつのりますが、
皆さまには心温かなクリスマス🎄シーズンをお迎え下さいますよう、
心よりお祈り申し上げます✨


さて、
鬼👹が笑いますが、ひと足はやく、
Cafe Teoria 2023からのおしらせです。

2011年OPENの当カフェ。
ある時はゼミ室、ある時は隠れ家カフェ、はた又ある時は文人バー、…と、さまざまなニーズにお応えしつつ、2016年には手織ワークショップをメインとする Cafe Teoria にリニューアル、おかげさまで2021年に開店10周年、手織カフェ5周年を迎えることが出来ました。
その間、当店ならではのサービスを活かしつつ「新しい生活様式」に則った営業形態を模索して参りましたが、

2023年1月より、
これまでも多々ご要望を頂いておりました営業日につきまして、下記の通り、改めることと致しました。

営業日 休業日
2022年12月まで 月・火・水・木 金・土・日・祝ほか
2023年1月から 金・土・日・月 火・水・木・祝ほか
  • アロマ組香
  • ドイツ茶会

の2プランは、【塾生/会員/リピーターの方と、そのお連れさま限定】とさせていただきます。
※ 手織は、はじめての方もお申し込みいただけます☆
※ 手織でご利用の方に限り、喫茶もご利用頂けます。《要予約》

  • 新しい生活様式に則った「1コマ3時間1組様貸切予約制」のスタイルは、当面継続の予定です。
  • その他、午前=10~13時、午後=14~17時のコマ時間、各ワークショップの種類、料金、お申込み方法等につきましては、従来通りです。


平日に時間をつくりにくかった方も、これを機にぜひご贔屓くださいますようお願い申し上げます!
逆に、既にチケットをお手元にお持ちの方で、「火水木なら行けたのに、金土日月になってしまったら、もう行けない」「年内にチケット使いきるのも難しい」という方がありましたら、お手数おかけし恐縮ですが、直接お申し出ください。塾生登録の解除を希望される場合も、申告をお願い致します。お手持ちチケット分、塾生登録預かり金の返金をさせて頂きます。(店頭での現金支払い、または銀行振込となります。)
ご予約、ご連絡、お問い合わせ等は下記サイト⇩から✰
お問い合わせ | 手織カフェ Cafe Teoria

今後とも Cafe Teoria をどうかよろしくお願い申し上げます。


CAFE TEORIA のおすすめ