Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

夏の Cafe Teoria

百日紅の美しい頃となりました。

f:id:cafe485:20200820103957j:plain:w250
この百日紅については、記事末尾ご参照下さい!

すっかりblog更新あいだがあいてしまいましたが、
真夏の太陽のもと、Cafe Teoriaは涼やかに営業中です。

この夏、最強新兵器がいくつかカフェに登場しています。
まずは、

f:id:cafe485:20200820104218j:plain:w300
とっても軽くて、装着してるのを忘れるほど違和感少ないのに、お顔はすっぽりガード。

フェイスシールドです。

f:id:cafe485:20200820104759j:plain:w250

教室内では贅沢すぎるほどのディスタンスをとって織機を設置していますが、
念のため、塾生さんおひとりずつマイ・シールドをお配りし、カフェ内では装着して頂いています。
マスクより断然楽ですし、お互いのお顔が見られるのが何より嬉しいですね。


そして、真打はこれ。
f:id:cafe485:20200820104932j:plain
巻取経通台と分配筬!
実は、今年に入って店主(母)の神経痛が悪化。これなら身体に負担がかかりにくいのです。
これまで別々に作業していた「筬・綜絖」通しが一回で出来るのも魅力です。

f:id:cafe485:20200820105526j:plain
テーブルと椅子で作業できます☆彡

当塾ではもちろん、従来の糸かけ、筬通し、綜絖通しもご指導できますが、こちらの新兵器を用いた経糸づくりもご指導できます。お好みで選んで下さいね。

f:id:cafe485:20200820110936j:plain
冷房&換気+十分なディスタンスで「好きに好きに」織る。

3月から登場した新しいコース
《2m好きに好きに織り放題・時間自由》☆彡
もご好評いただいております。
詳しくはHP↷をご覧下さい。
ようこそ カフェ テオリア へ | カフェ テオリア
ご利用ご予約お問い合わせ、お待ちしております♪
f:id:cafe485:20200820111451j:plain


さて、
冒頭画像のさるすべり
先日訪問しました下鴨の旧三井家の床の間のお花です。
特別公開の主屋2階での喫茶で佳い時間を過ごさせて頂きました。

f:id:cafe485:20200820114016j:plain
一保堂さんの水出し玉露と、お菓子は鶴屋吉信さんの「ひょうたん池」

吉野葛を使ったこのお菓子。
f:id:cafe485:20200820114350j:plain
お庭のひょうたん池を模したもので、築山と、百日紅の花が…。

f:id:cafe485:20200820114510j:plain
リアルひょうたん池。ほとりには百日紅

楽しいご趣向にほっこり、でした。
f:id:cafe485:20200820113805j:plain
当カフェは旧三井下鴨別邸から徒歩約10分(約850m)☆
京都観光のご予定に「手織」も是非入れて下さい。

夏至

早いもので、もう夏至
今年は日蝕をともなう特別な夏至の日でした。


昨年の聖ヒルデガルトのお茶会(ドイツ茶会)夏至の会では、「聖ヨハネの薬草」入りのハーブティーをお召し上がり頂きましたが、今年はその薬草で糸を染めてみました。本当は野に出でて生の薬草を摘みたいところですが、鴨の河原に西洋弟切草は自生していないでしょうから、ドライハーブで。せめてもの「夏至しごと」として。


夏至とむすびついた「聖ヨハネの日」が、キリスト教世界でいかに重要かというと、冬至とクリスマスが結びつき祝われるのと並んで、この日がある、と、まぁ、それくらい?非常に大切な、一年を二分する、節目の年中行事の日なのです。


というわけで、セントジョンズワートです。

f:id:cafe485:20200621141149j:plain:w250
セントジョンズワートのドライハーブ。オーガニックです。
濃く煮出して染液を用意します。
f:id:cafe485:20200621141250j:plain:w250
ぐつぐつ煮出して一晩おきました。
鍋に入った染液は真っ黒に見えますが、カップにとってみると、不透明な紅茶色です。
f:id:cafe485:20200621141311j:plain:w250
こんな色になりました。
染液を濾します。
まだ良い香いっぱいの茶殻は、よく乾かしてからポプリにします。
夏至セントジョンズワートは、ポプリにしても霊験あらたかな筈!
濾した染液の鍋に下処理しておいた絹糸を投入。とろ火で30分。
セントジョンズワートのアロマがカフェいっぱいに満ちます。この香りが魔を祓うとも言われています。
f:id:cafe485:20200621141321j:plain:w250
次に、媒染液で色どめし、
f:id:cafe485:20200621141108j:plain:w250
10円玉で作っておいた媒染液に浸します。
f:id:cafe485:20200621141321j:plain:w250
再度染液で30分ことこと。
よく水洗いし、乾燥したら、出来上がりです。
f:id:cafe485:20200621141121j:plain:w250
優しいトビ色になりました。
完全に乾くと又ニュアンスがかわるかも。それも楽しみです。
この夏至の力のこもった糸で織るストールなどは、ギャラリーで販売予定です。是非店頭でお手にとってご覧くださいね。


夏至セントジョンズワートに興味をお持ちの方は、↓昨年の記事もご参照下さい。
聖ヒルデガルトのお茶会、次回は「夏至の会」 - 京都 Cafe Teoria
聖ヒルデガルトのお茶会~夏至の会 - 京都 Cafe Teoria

※当記事末尾に安全性についても付記しました。


さて、すでに新HPでもお知らせしております通り、カフェテオリアでは手織ワークショップの新プランも加え、「新しい生活様式にのっとり、全面的にスタイルを刷新いたしました。
ゆったりと、気持ちよくお過ごし頂くためのポイントは以下のとおりです。

  • お一人様からの少人数・完全予約制
  • 飲食をともなうドイツ茶会(聖ヒルデガルトのお茶会)およびアロマ組香のワークショップは1グループ完全貸し切り制
  • 今迄一室に集中して置いていた織機を、一室一台に改めました。贅沢な空間で、ゆったり手織の時間をお楽しみ下さい。とはいえ、隣室とはオープンにつながっていますので、いつでも隣の織り人やスタッフの姿が視野に入り、お声かけ頂けます。
  • 各織機は窓の近く、もしくは換気扇そばに設置してあり、新鮮な空気をいつでも取り入れられます。
  • 対面で向き合うことのないよう、テーブルはL字に組みなおしました。カウンターのように、同じ側に一列に並んでおかけ頂きますが、L字ですので端に座った方どうしもお顔はよく見えます♪
  • 入口のアルコール、手洗い所の消毒石鹸、アルコールの設置はもちろんのこと、日々スタッフが清潔につとめております。

f:id:cafe485:20200621211356j:plain
贅沢な空間をひとりじめ。
以上、衛生面でも安心して、今まで以上に快適にご利用頂けますよう環境管理につとめております。
又お気づきの点は遠慮なくお申し出下さい。
f:id:cafe485:20200621211541j:plain
こちらの織機のすぐ横は蹲のある坪庭です。


ご利用、心よりお待ち申し上げております。
お問い合わせ・ご予約は↓
https://cafe485.wixsite.com/website/blank-2
f:id:cafe485:20200621211848j:plain

St. John's wort 学名 Hypericum perforatum
オトギリソウ科。和名 セイヨウオトギリソウ
属名のヒペリクムHypericumはギリシャ語で 「悪魔を制す」の意。夏至の頃、黄色い花を咲かせる。花びらをこするとヒペリシンを含む赤い色素が出る。
抑うつ月経前症候群PMS)などの緩和に効果があるとされ、ドイツではハーブティーだけではなく、錠剤も販売されています。全草を植物油に浸出した赤いオイルは、薬用、スキンケアにも用いられます。
【注意】内服の安全性について
厚生労働省セントジョンズワートと一部の医薬品との併用で薬の作用に影響するとして注意を呼びかけています。
セイヨウオトギリソウ | 海外の情報 | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

解除

緑したたる頃となりました。
f:id:cafe485:20191214114121j:plain:w300
本日5月23日の午前0時から、いよいよ京都府の緊急事態宣言の自粛要請も一部解除されました。
とはいえ、大学は、ひきつづき非対面形式継続中。
府県をまたぐ不要不急の移動も、依然、自粛が要請されています。
Cafe Teoriaのワークショップは、当面、京都府内のお客様に限り、ご予約を受け付けさせて頂きます。
何卒ご了承下さい。
https://cafe485.wixsite.com/website/blank-4cafe485.wixsite.com
https://cafe485.wixsite.com/website/blank-14cafe485.wixsite.com
https://cafe485.wixsite.com/website/blank-3cafe485.wixsite.com
Cafe Teoriaでは、感染拡大予防のガイドラインを踏まえて、
衛生管理に十分留意しつつ営業しております。
cafe485.hatenablog.com
Cafe Teoriaで、どうぞ特別な時間をお過ごしください。
https://cafe485.wixsite.com/website/blank-2cafe485.wixsite.com

端午節

blog更新、あいだがあきました。

COVID-19に感染された方々、ご家族の方々、感染拡大により被害をうけている方々に、心よりお見舞い申し上げます。
また、医療に携わる方々はじめ、最前線でこの事態と懸命に闘って下さっている関係者の方々に、敬意と感謝をお送りします。
ありがとうございます。


Cafe Teoria でも疫病退散の祈りをこめて、床飾りを端午節のものにかえました。
f:id:cafe485:20200504102230j:plain:w300

f:id:cafe485:20200504102322j:plain
毎年この時期に飾りますが、今年は思いもひとしおです。
山田松香木店さん謹製の薬玉は、竹籠の中に鈴の付いた匂袋が入っています。
鈴の音、
五色の紐もまた、
邪気払いの効果があることは言うまでもありません。
籠の編み方を見ると五芒星も浮き上がって見えます。


調合した香を菖蒲などで包んだ薬玉を手作りし、互いに贈答する習慣は、
源氏物語』などにも描かれています。


厄払いの節供行事ですが、もともと、香も、菖蒲も、
漢方薬、生薬、薬草(ハーブ)であって、リアルな薬効が期待されていたのでしょう。
f:id:cafe485:20200504103832j:plain
数年前のものですが、とても良い香り。
すがすがしい心持になるだけでも免疫力アップ効果になるかも、ですね。
過去のお茶会では吊るして楽しみましたが、今年は「鎮まりたまえ」の祈りとともに手織の布の上に置きました。
f:id:cafe485:20200504104028j:plain
※ 美しい花々をありがとうございます。今月Cafeオーナーに慶事あり、お祝いを沢山賜りました。心より御礼申し上げます。
f:id:cafe485:20200504104132j:plain
事態収束が一日も早く、
被害を受ける方が一人でも少なく、
また爽やかな日々を迎えることが出来ますようにと祈るばかりです。

カフェ テオリア の衛生管理

カフェテオリアは完全予約制。
ゆったりとしたスペースで、少人数でおすごし頂けます。
随時換気も励行しています。
f:id:cafe485:20180911170238j:plain:w300

カフェテオリアは手織カフェ。
時節柄、「手」をふれることに不安を覚える方もあるかもしれません。

気持ちよくお過ごし頂くために、
皆様には入店時に、入り口設置のアルコール、または洗面所の消毒石鹸と水道水で手指を浄めていただきますようお願いしております。
洗面所の共用のタオルは撤収しましたので、ペーパータオルをお使い下さい。
アルコールジェルは乾いた手指にお使い下さい。

織機、シャトルはじめ、複数の方のお手がふれる店内の設備物品につきましては、毎日スタッフが適宜アルコールを用いて清掃しております。

又、真に恐縮ですが、咳など風邪症状のある方はご入店はご遠慮いただく場合があります。喘息、花粉症などの持病をお持ちの方はお申し出下さい。



どうぞ、ご安心のうえ、ゆっくりお過ごしくださいませ。
f:id:cafe485:20200325122539j:plain:w300


CAFE TEORIA のおすすめ