Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

文化財ゼミのおしらせ


お待たせいたしました☆


藤本孝一先生のカフェゼミ≪文化財でひもとく和の歴史≫、
次回は7月20日(日)になりました。


日本全国津々浦々の文化財について博覧強記の藤本先生が、縦横無尽のお話を繰り広げます。
初めての方も常連様も、どうぞ奮ってご予約下さい。

7月20日(日)13時半〜
参加費(茶菓込):1000円


藤本 孝一 龍谷大学客員教授
文化庁主任文化財調査官を経て、現在、冷泉家時雨亭文庫調査主任、真言宗善通寺派大本山随心院文化顧問。著書に『本を千年つたえる―冷泉家蔵書の文化史』朝日新聞出版(2010年)、『文書・写本の作り方』「日本の美術」第505号至文堂(2008年)など。

ご予約、お問い合わせは、e-mail、blog、FBから。
またはCafeにて直接承ります。
cafe485@gmail.com
http://d.hatena.ne.jp/cafe485/
https://www.facebook.com/CafeIntellektuellenKyoto


(画像は藤本先生御所有の装飾料紙です。)


CAFE TEORIA のおすすめ