Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

本日、文化財ゼミでした!

本日午後は、
藤本孝一先生の月例カフェ・ゼミ
文化財でひもとく和の歴史≫でした。



昔、教科書で「源頼朝」とされていた肖像画
現在、一部では「伝源頼朝」とされています。
が、
それはなぜ?
はたして「伝」をつける意味はあるの?


今回も大画面で貴重な資料を拝見しつつ、
さらには現在進行形の先生の論文内容も交えつつ、
とても興味深いお話をうかがうことができました。
ゼミ生さんからも、率直なご感想ご意見が飛び交いました。


ふとした疑問から学会レベルの発見まで、
自由に語り合えるのがカフェゼミの醍醐味です。

藤本先生、
ご参加のゼミ生の皆さま、
今回もまことにありがとうございました!


次回、藤本ゼミは10月27日です☆
どうぞふるってご参加下さい!

10月27日(日)13時半開始
参加費:茶菓つき¥1000.-
ご予約、お問い合わせは、cafe485@gmail.com]まで。
次回よりご予約制とさせて頂きます。
5日前までにご連絡下さい。
お申込みを心よりお待ち申し上げております。


CAFE TEORIA のおすすめ