Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

12月のCafe-Intellektuellen Kyoto


12月。
当Cafeもすっかりクリスマス色です。


よちよち歩きで始めました
Cafe-Intellektuellen も、
2年目のクリスマスを迎えようとしています。


2011年はビギナーズラックかと思っておりましたが、
おかげさまで、2012年も本当に充実した年となりました。


お越し下さいました皆様に
心より御礼申し上げます。


さて、
12月も迫力のカフェゼミは、以下のとおりです。

12月9日(日)13時半〜
藤本孝一講師「文化財でひもとく和の歴史」


12月16日(日)13時半〜
佐藤卓己講師「論壇時評ing」

川上千枝先生の茶の湯のカフェゼミ
「水の恵みと日本文化」は次回1月。
初釜となります。
どうぞ御楽しみに!


15〜19時の喫茶の営業予定日は次のとおりです。

01日(土)02日(日)07日(金)08日(土)14日(金)21日(金)22日(土)


忘年会、新年会の、ご予約、
その他のお問い合わせ、
お待ちしております。


ご予約はこちからからどうぞ。


12月も
Cafe-Intellektuellen Kyotoを
どうぞよろしくお願い申し上げます。




画像は、当カフェのトレードマークともなっておりますセミナールームのステンドグラス「塔之段町485」の作者・藤井舞さまの、お母さまの手づくりによるアレンジメントです。
センスあふれる素晴らしいクリスマス飾りをありがとうございます!


CAFE TEORIA のおすすめ