Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

半夏生

梅雨に入り、
夏至がすぎ、


京都が
いかにも京都らしい季節に入りました。


この時期ならではの楽しみのひとつ。
まだ涼しい朝のうちに、人けの少ないお寺の、水辺などを歩くこと。


ちょっと足を伸ばして、
両足院さんの半夏生も見て参りました。


半夏生を見たら、
はずせないのは、


眼にも、
舌にも、
嬉しいこのお菓子。


四季折々、
その時期ならではの
「とっておき」に満ちた都。


美しさを満喫したら、
今度は自分だけの「とっておき」の時間。

坪庭の横、
ステンドグラスの下に
織機を置いて、

色も
模様も、
心のままに、

思い思いに
手織を楽しむ。


さをり織は「自由な現代アート」です☆


お問い合わせ、ご予約はHP、FB、emailでお願いします。
ご利用お待ちしております。
トップ | カフェ テオリア
お問い合わせ | 手織カフェ Cafe Teoria


CAFE TEORIA のおすすめ