Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

おしらせ

早や、今年も待降節Adventに入りました

これから日々お寒さつのりますが、
皆さまには心温かなクリスマス🎄シーズンをお迎え下さいますよう、
心よりお祈り申し上げます✨


さて、
鬼👹が笑いますが、ひと足はやく、
Cafe Teoria 2023からのおしらせです。

2011年OPENの当カフェ。
ある時はゼミ室、ある時は隠れ家カフェ、はた又ある時は文人バー、…と、さまざまなニーズにお応えしつつ、2016年には手織ワークショップをメインとする Cafe Teoria にリニューアル、おかげさまで2021年に開店10周年、手織カフェ5周年を迎えることが出来ました。
その間、当店ならではのサービスを活かしつつ「新しい生活様式」に則った営業形態を模索して参りましたが、

2023年1月より、
これまでも多々ご要望を頂いておりました営業日につきまして、下記の通り、改めることと致しました。

営業日 休業日
2022年12月まで 月・火・水・木 金・土・日・祝ほか
2023年1月から 金・土・日・月 火・水・木・祝ほか
  • アロマ組香
  • ドイツ茶会

の2プランは、【塾生/会員/リピーターの方と、そのお連れさま限定】とさせていただきます。
※ 手織は、はじめての方もお申し込みいただけます☆
※ 手織でご利用の方に限り、喫茶もご利用頂けます。《要予約》

  • 新しい生活様式に則った「1コマ3時間1組様貸切予約制」のスタイルは、当面継続の予定です。
  • その他、午前=10~13時、午後=14~17時のコマ時間、各ワークショップの種類、料金、お申込み方法等につきましては、従来通りです。


平日に時間をつくりにくかった方も、これを機にぜひご贔屓くださいますようお願い申し上げます!
逆に、既にチケットをお手元にお持ちの方で、「火水木なら行けたのに、金土日月になってしまったら、もう行けない」「年内にチケット使いきるのも難しい」という方がありましたら、お手数おかけし恐縮ですが、直接お申し出ください。塾生登録の解除を希望される場合も、申告をお願い致します。お手持ちチケット分、塾生登録預かり金の返金をさせて頂きます。(店頭での現金支払い、または銀行振込となります。)
ご予約、ご連絡、お問い合わせ等は下記サイト⇩から✰
お問い合わせ | 手織カフェ Cafe Teoria

今後とも Cafe Teoria をどうかよろしくお願い申し上げます。


CAFE TEORIA のおすすめ