Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

7月のCafe-Intellektuellen Kyoto

いつもご愛用いただき真にありがとうございます。
Cafe-Intellektuellen Kyoto より7月のご案内です。

2011年に開店いたしましたCafe-Intellektuellenも
皆さまのおかげをもちまして、満2歳になりました。


小さくても上質で、
素朴でも居心地は贅沢なサロン、
議論と思索にふさわしいカフェをめざし、
大切な会員様のためだけの
とっておきの空間を、2年間守って参りました。


この2年間にご利用下さいました皆さまへの感謝をこめて、
今月、小さな記念イベント「藤井舞の世界」展を開催いたします。


すでに皆様にはおなじみの、
ゼミ室正面窓にありますステンドグラス作品「塔之段町485」。


この作品は当カフェのシンボルでもあります。


その作者・藤井舞の世界を、
この機会に是非とも味わって頂きたく企画いたしました。


時々刻々移ろう光を通しつつ、
万華鏡のように表情を変える色玻璃窓。


その作品を生み出した作者の世界を、
彼女の愛する本、音楽などとともに、
創造未満の過程から追体験し、
自由に随伴していただこうという、
実験的立体的なインスタレーションの試みです。


皆さまのお運びを心よりお待ち申し上げております。


〜〜〜〜〜
さて、7月のカフェの予定は以下のとおりです。


〇12日(金)13:00〜15:00
 ≪茶の湯の自主稽古≫
 川上先生ゼミのゼミ生有志による集いです。
 参加費無料。茶菓代実費。


〇21日(日)13:30〜15:00
 佐藤卓己≪論壇時評ing≫
 茶菓つき¥1000.-


〇24日(水)14:30〜
 <藤井舞の世界>展オープニング記念
カフェ・ゼミ・スペシャル「藤井泰夫氏によるギャラリー・トーク
アーキテクチュアルステンドグラス作家・藤井泰夫氏が
弟子であり娘でもある藤井舞とその作品について語ります。
参加ご希望の方はご予約下さい。茶菓つき¥1000.-


☆<藤井舞の世界>展は7月24日より10月末まで開催予定。
(通常喫茶営業時間中。ギャラリー入場無料。ステンドグラス参観無料。
カフェで席につかれる場合ワンオーダーをお願い致します。)


〇28日(日)13:00〜15:00
藤本孝一≪文化財でひもとく和の歴史≫
茶菓つき¥1000.-


〇28日(日)15:00〜17:00
藤本孝一≪専門ゼミ≫
参加費無料。参加条件あり。


なお、
◇川上千枝先生の茶の湯のカフェ・ゼミ
≪水の恵みと日本文化≫茶菓つき¥3000.-
次回は、8月6日(火)14時〜です。
どうぞお楽しみに。


各ゼミの詳細は、
≪カフェ・ゼミへのお誘い≫をご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/cafe485/20130201/p1
茶の湯の自主稽古≫、
≪専門ゼミ≫、
および≪店主ゼミ≫(今月日時未定)は
原則メンバーのみの集いとなっております。
詳細は、直接お問い合わせください。
cafe485@gmail.com


また、大勢様の研究会、懇親会から、
御一人様の静かなお時間の確保まで、
どうぞ貸切でもお気軽にご利用ください。
ご予約お待ちしております。
詳細はこちらから、どうぞ。
http://d.hatena.ne.jp/cafe485/20130101/p4


今後とも Cafe-Intellektuellen をどうぞよろしくお願い申し上げます☆
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております!


Cafe-Intellektuellen Kyoto
佐藤八寿子
http://d.hatena.ne.jp/cafe485/


CAFE TEORIA のおすすめ