Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

評象の会のご案内

舞踏を中心に舞台芸術について熱く深く優しいまなざしを注ぎ続ける評論家・
上念省三氏の次回カフェ・ゼミは、2月12日です。
3月の神戸での集いも是非どうぞ!

2月12日(日)14時〜
上念省三のカフェ・ゼミ
寺山修司毛皮のマリー』を精読する>
毛皮のマリー [DVD]戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている (角川文庫)横尾忠則B5アートノート 毛皮のマリー
参加費・茶菓つき1000円(アルコール等の追加は別料金)


於・Cafe-Intellektuellen Kyoto
アクセスは↓地図下の青文字をクリックしてご覧ください。


☆飛び入りも歓迎ですが、事前にメールでご予約頂けましたら幸いです。
ご予約、お問い合わせはcafe485@gmail.com]まで。


CAFE TEORIA のおすすめ