Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

Cafe-Intellektuellen Kyoto の味 (1)

2016年度末をもちまして、「懇親会のみ」のご利用は終了とさせて頂いております。詳細は直接お問い合わせ下さい。
(下記は過去の記録として保管しております。)

Cafe-Intellektuellen Kyoto のお食事は、
京都のシャルキュトリーの名店 リンデンバーム謹製
ハム、ソーセージを中心にご用意をいたします。

大人数の集いでの大皿のお料理も、
数人様のコース料理も、
おかげさまで、大変ご好評いただいております。


その一部を例としてご紹介いたします。

おいしさの定番 アウフシュニットの盛り合わせ
グリーンオリーブがとてもさわやか

上:スズキのパイ包み焼き。
下:鯛のカルパッチョ

涼しげなテットドフロマージュ
添えられたラビゴットソースも又絶品

キッシュ


などなど
でございます。


このほか、Cafe-Intellektuellen Kyotoでは
カフェ・メイドの素朴なクーヘン、
カフェ特選のユニークな珈琲やサブレ
等々もご用意してご利用をお待ち申し上げております。
 


懇親会はご予算、人数、形式により
予約制でご注文ご相談承ります。



一味違うお夕食のひとときを
どうぞ当カフェでお過ごし下さいませ。


CAFE TEORIA のおすすめ