Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

Cafe-Intellektuellen の水―その1

Cafe-Intellektuellenには井戸が湧いております。
このたび、その水質検査のための採水を行いました。さまざまな細菌、化合物等々50項目におよぶ詳細なテストです。

大小、種類の異なるたくさんの瓶に、慎重に採水し、瓶によって薬品を加えるなどしたうえで、大切に専門機関へと送り出しました。検査結果が出るまで2週間ほどかかるそうです。それまではドキドキしつつ待機。
気温10度。水温17度。
井戸水は、夏冷たく、冬は温もりを感じる、と言いますが、そのとおりですね。