Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。
 知る喜び 色の楽しみ
 縦糸と横糸が出会い 新たな布が生まれる驚き
京都の小さな文化サロンで、  Teoriaの時間をお楽しみ下さい。

2022-01-27から1日間の記事一覧

チケット有効期限、延長します

南天に 寸の重みや 春の雪 漱石 深紅の色が魔を除け、その名も難を転じるものとして、京都では門前、鬼門によく植えられています。 先週はCafeの南天にも雪がつもりましたが、来週はもう節分。 冬から春へ、季節は大きく進みます。 本日1月27日より2月20日…


CAFE TEORIA のおすすめ