Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。


知る喜び
色の楽しみ
縦糸と横糸が出会い
新たな布が生まれる驚き


京都の小さな文化サロンで、 Teoriaの時間をお楽しみ下さい。


5月のCafe-Intellektuellen Kyoto

5月となりました!

5月は暦のうえではすでに夏、風炉の季節ですね。


今月のCafe-Intellektuellen Kyotoは、
5月10日(日)に川上千枝先生をお迎えして、
茶の湯のカフェゼミ「水の恵みと日本文化」をひらきます。


毎回ご好評頂いております茶の湯ゼミ、
以下のとおりの流れを予定しております。
14時、
①まず、ステンドグラスのゼミ室へお入り頂きます。
 井戸水で喉をうるおして頂きます。
 ゼミ生さんからの自由報告の後、
 川上先生から茶の湯のレクチャーがあります。
②茶室に入り、実際に茶の湯体験をしていただきます。
 主菓子とお薄(お濃茶の回もあります)をお召し上がり頂きます。
③洋間に戻り、円卓を囲み、お干菓子とお薄をお召し上がり頂きます。
 店主から、日本文化のお話をさせて頂きます。
16時、解散となります。


カフェゼミ≪水の恵みと日本文化≫は参加費茶菓込3000円
流儀経験の有無問いません。
どうぞカジュアルな服装で手ぶらでお気軽にご参加下さい。
主菓子のご用意の都合がございますので、
ご予約は5日前までにお願い申し上げます☆


皆さまのお越しを心よりお待ちしております!


CAFE TEORIA KYOTO のおすすめ