Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。


知る喜び
色の楽しみ
縦糸と横糸が出会い
新たな布が生まれる驚き


京都の小さな文化サロンで、 Teoriaの時間をお楽しみ下さい。


10月のカフェ・ゼミ

9月には佐藤卓己によるカフェ・ゼミ「映画にみる<メディアと政治>」を急遽開きました。
折々にゲリラ企画が入りますので、お楽しみに。
最新情報は当blog、twitterをご確認下さい。

10月16日(日)
書物の話―本の見かた、つくりかた―
講師:藤本 孝一
龍谷大学客員教授文化庁主任文化財調査官を経て、現在、冷泉家時雨亭文庫調査主任、真言宗善通寺派大本山随心院文化顧問。

博覧強記の古文書研究第一人者による、
ざっくばらんな「歴史」雑談ゼミ。
古い本に関心のある方はもちろん、
歴史に興味のある方にもおススメです。
神社仏閣に足を運ぶ番外編も、現在計画中です。

毎月第3日曜日13時半〜15時
1回1,000円(簡単な茶菓つき)
6回分チケット5,000円

10月28日(金)
特別ゼミ

Cafe-Intellektuellen Kyotoがお贈りする特別ゼミ☆
カフェでの自由闊達な議論を楽しみましょう。

※詳細は追ってUpします。

参加無料。
懇親会費3000円。
ご予約下さい。
お問い合わせはcafe485@gmail.comまで。


CAFE TEORIA KYOTO のおすすめ