Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。


知る喜び
色の楽しみ
縦糸と横糸が出会い
新たな布が生まれる驚き


京都の小さな文化サロンで、 Teoriaの時間をお楽しみ下さい。


明日のために その4 挽き立ての味

コーヒーは挽き方も淹れ方も本当に色々とあり、ミルも種類が多くて相当悩みましたが・・・、
結局、これ  になりました。


オーダーが入った分だけ豆を挽き、ハンドドリップで淹れたいと思っております。(但:エスプレッソ、カプチーノはマシンで淹れます。&研究会など大人数さまの時はコーヒーメーカーね(^^;)




なかなかハンサム?





頑張って働いておくれ。





【2011.6.29.追記】
昴珈琲謹製「漱石先生の珈琲」が入りました。
漱石先生」については、豆で購入して店頭で少しずつ挽くよりも、昴珈琲さんで挽いた粉を一括入荷した方が、オリジナル・ブレンドの味のバランスが守れるということで、店頭挽きではございません。昴珈琲さんが当店のために特別にローストし、直後に挽いてPETボトルづめした新鮮な状態で、仕入れております。
また、エスプレッソ、カプチーノに関しましても、店頭挽きではない粉珈琲の利用になります。
それ以外の、
「本日の珈琲」につきましては、オーダーが入ってから挽いて淹れております。10人以上の研究会の場合でも、挽き立ての珈琲です。
是非、色々な味をお試し下さいませ。


CAFE TEORIA KYOTO のおすすめ