Teoriaは、ギリシア語で「観想、観照」のこと。


知る喜び
色の楽しみ
縦糸と横糸が出会い
新たな布が生まれる驚き


京都の小さな文化サロンで、 Teoriaの時間をお楽しみ下さい。


大学と珈琲事情

なべて大学内外に珈琲愛好家は少なくないわけですが、喫する環境条件は千差万別です。
本日某大への初出講日だったのですが、こちらの講師控室にはセルフサーヴィスのNespressoが置かれています。一杯50円也。コーヒーカプセル一個の原価73円〜84円よりお安い。太っ腹?な大学です。
ちなみにこちらの大学では、お昼時には学外門前にもNespressoが飲める屋台が食べ物屋さんに並んで出ています。内外ともにNespresso贔屓?


CAFE TEORIA KYOTO のおすすめ